コラム
 

意外と知らない。お米はいつまで食べられる?賞味期限はあるの?

column_004_eye

日本の食卓に欠かすことができないお米。
お米自体は一見、腐りそうもありませんし、長期間保存できるように見えます。
実際、スーパーやお米屋さんで売っているお米は新米ばかりではありませんね。
売れられているお米の袋を見ると精米をした年月日の記載はあるものの、賞味期限は書かれていないものが多いことに気づきます。
たしかにお米は保存食とも言われるだけあって、賞味期限は長そうですね。
では実際、お米の賞味期限とはどれくらいなのでしょうか?
また、どのように保管するのがいいのでしょうか?

お米は野菜と同じ生鮮食品

賞味期限が記載されていないのは、お米だけではありません。
お米と同様、野菜にも賞味期限は記載されていませんね。
つまり、お米や野菜は賞味期限の記載を義務づけられていないのです。
なぜかと言うとお米も野菜も気候や温度、保存方法などで美味しく食べられる期間は変わってくるからです。
すぐだめになることもあれば、長期間持つ場合もあるのです。
そのため、自分の目で見て保存期間を判断しなくてはいけません。
一般的に、美味しく食べられるお米の適切な保存期間は、精米してから春は1か月程度、湿気の多い梅雨や夏は3週間程度、冬では2か月程度と言われています。
もちろん、これを過ぎたからといってまずくなるわけではありません。
そう考えると、お米は野菜と同じ生鮮食品のカテゴリーに入ることになりそうです。

それでも早めに消費した方がいい

column_004_1

お米には賞味期限がこれと決まっているわけではありません。
しかし見た目に問題ないと言って、いつまでも保存していいわけではないのです。
時間がたてばたつほど酸化しますし、味は確実に落ちていきます。食感もパサパサに。
当社の雪蔵今摺り米のように、モミの状態で、且つ雪蔵あれば長期保存できますので、極端なところ何年経過しても精米すれば美味しく食べることができます。
通常は玄米で保管します。
モミほどの効果はないですが、それでも白米で保管するよりもマシです。

米びつに入れて冷蔵庫で保管

お米が苦手なのは、「直射日光」「高温」「湿気」。
まずはこれらを避けるために米びつを使いましょう。
出来れば、桐の米びつが最高です。
桐は、温湿度を調整し、虫の発生も抑制してくれます。
この中に密閉することで虫がつきにくいですし、においも防げます。
さらに保管場所として最適なのは冷蔵庫です(更に野菜室です)。
お米は気温があがると虫がつきやすくなるので、特に夏場は冷蔵庫で冷やしておくといいのです。
また、温度が下がると酸化しにくくなり美味しさが保てます。
冷蔵庫での保管で1つ注意点が必要です。
お米は臭いを吸収します。
冷蔵庫の中の臭いが米に移ってしまい、炊いた時に鼻につきます。
よって、密閉された状態が望ましいのです。ご家庭ではペットボトルを利用することで密閉した状態で保管できます。

10キロ袋より小分けが良い

スーパーなどでは5キロまたは10キロのお米が多く、袋に入れたまま保管する方も多いと思いますが、本当は米びつに移して保存する方がいいのです。
できれば冷蔵庫がいいのですが、さすがに大きいサイズのままは入れにくいですよね。
そのため、小分けにして冷蔵庫に入れると場所もとらずに済みます。
袋の半分は米びつに入れておいて、残りを小分けにして冷蔵庫に入れておくのはどうでしょう?
贈答用のお米を小分けしてパッケージしたものなら、そのまま冷蔵庫に入れておけるのでとても便利です。
箱も美しいものが多いので冷蔵庫も華やかになりますね。
どなたにでも喜ばれるギフトです。
当社の2合キューブは、鮮度が更に長保ちするように、窒素を置換し酸化岩化を防いでいます。

column_004_2

いかがでしたか?お米に明確な賞味期限はなくても、美味しく食べるためには精米から3カ月以内には食べた方がよさそうです。
スーパーで買った袋のままではなく、できれば米びつを用意して入れ替え、涼しいところに保管しましょう。
最近はホーロー製やプラスチック製のおしゃれな米びつもたくさんありますから、興味がある方は探してみてくださいね。