コラム
 

出産内祝いの決定版!もらう人も贈る人も大満足の「体重米」とは?

出産 内祝い 体重米

赤ちゃんが生まれると、親戚・職場・友人から出産祝いが贈られます。
お祝いは産後1か月ほどの間に集中し、その都度早めに内祝いを返すのがマナーです。
品物をじっくり吟味する時間はありませんが、かわいい我が子の名前のお披露目も兼ねる大事な機会ですから、もらう人も贈る人も満足できる品を選びたいですよね。
そんな内祝いの品として、最近人気を集めているのが「体重米」です。
今回は「体重米」の魅力についてご紹介します。

「体重米」とは?

「体重米」とは、赤ちゃんの出生時の体重とぴったり同じ重さのお米をプレゼント用にラッピングしたものです。
パッケージは、赤ちゃんの名前や生年月日、出生時の体重などが印刷されたり、赤ちゃんをイメージしたかわいいデザインが施されています。

「記憶に残る出産祝いを考えているけど、タオルやお菓子のギフトはありきたり」「すでに出産した友達とかぶらない品物を選びたい」という方には、体重米がぴったりです。
生まれる赤ちゃんは一人ひとり名前も生まれた日も体重も違います。
オーダーメイドの体重米は世界に一つだけの品。受け取った方の記憶に刻まれるギフトなのです。

内祝いの相場は、もらったお祝いの3分の1から半額程度とされています。
つまりお祝いが1万円程度の場合は、内祝いの予算は3,300円〜5,000円程度です。
体重米はこの価格帯で買える品の一つです。

「体重米」誕生のきっかけは結婚式?

「生まれた時の体重と同じ」と聞くと、結婚式のワンシーンを思い出す方も多いのでは?
披露宴のエンディングでは、新郎新婦が両親へ感謝の気持ちを伝えるシーンで「体重ベア(ウエイトベア)」を贈るという演出が定番となっています。
体重ベアは1体の価格は1万円前後しますが、最近では8000円代のものも出てきました。
見た目も可愛らしく、体重もある程度調整できるので人気ですが、近年ではもう少し安価な体重ベアに変わるアイテムとして体重米を選ぶカップルも増えていきました。

体重ベア(ウエイトベア)

1粒の種もみから500粒の米を実らせるというお米は、結婚や出産といったお祝いのシーンにぴったりの「繁栄」や「豊かさ」を感じさせます。
また、米という漢字は「八十八」から成り、米作りには88回の手間がかかると言われます。
苦労もいとわず大切に育てる様は、親から子どもへの愛情とも重なりますね。

【体重米のおすすめポイント①】

出産内祝いに体重米がおすすめな理由はいくつもあります。
まず、遠くに住んでいてなかなか会えない相手にも赤ちゃんをリアルに感じてもらえることです。
赤ちゃんの姿はスマホで写真や動画を送れば見てもらえますが、誕生の喜びを最も分かちあえる瞬間は「抱っこしてもらう時」ではないでしょうか。
遠方にいてそれがかなわない相手でも、我が子と同じ重さの体重米を抱っこしてもらえれば、そのずっしりした重みに「生まれてよかったね」という感動を味わってもらえます。

あかちゃん

【体重米のおすすめポイント②】

お米は毎日の食卓に欠かせない存在なので、プレゼントすれば年齢・性別問わず喜ばれます。
特に、普段食べるお米よりちょっぴりランクの高い、安心・安全で味にもこだわったお米なら、笑顔で受け取ってもらえますよ。
また、食べることと生きることは直結しています。
食卓という場は赤ちゃん誕生の幸せをおすそ分けするのにぴったりではないでしょうか。

日本のお米とコシヒカリの関係

【体重米のおすすめポイント③】

さらに、体重米はもらう側にとってはちょうどいい量です。米は150gで1合なので、1500gなら10合、3000gなら20合にあたります。
白米は鮮度が良い1か月程度で食べきるのが理想とされていますから、自炊をする方なら1人暮らしでも食べきれる量です。
しかもお米は自分で買いに行けば重くて持ち帰るのが大変ですから、贈り物として自宅に届くのは楽で喜ばれますよ。

リアルな重さで感動を伝え、受け取る人にとっても良いことずくめの体重米。
内祝いに贈ってみてはいかがでしょうか?